ゆっきー♂☆の明日はいいことあるかな♪

もしや一生独身!?男の、グルメ、ドライブ、ガーデニング、音楽などの写真日記♪

京都市・左京区 『京都植物園』 紅葉ドライブ日記No.25



去年の京都紅葉ドライブの写真を7回連続で紹介してきましたが、8回目の今回で最後です。


今までずっと寺院ばかりでしたが今回は京都市左京区にある『京都植物園』です。




      京都植物園02


入口付近の銀杏並木は散り始め、まっ黄色な絨毯になっていました。



京都植物園01


自然の森のような並木道を歩いていくと紅葉が覗いてきました。


京都植物園03


並木の先には小川や水車のある古きよき日本風な庭園へ。

どこを撮っても絵になる風景でした。


京都植物園04


小川の先には池が。

池の周り全てが紅葉樹でした。


京都植物園05


携帯写メなので雰囲気が全く映りませんでしたが、池を囲む紅葉のトンネルに西日が差し込み、紅葉の葉を突き抜けた赤や黄の光が地面を照らし、まるで万華鏡の中を歩いている錯覚になります。

きっとここでしか体験できない光景だと思います。


京都植物園06


シルエットで黒い木々に光を浴びて光る紅葉。

そして鏡のように空を映す水面。

とても幻想的でした。




寺院などの紅葉も素敵ですが、紅葉だけの美しさはここがダントツでした。

ぜひ天気のいい日にお弁当持って来てください。

ここは全部まわると半日以上かかりますので、朝から出かけて花畑や日本最大級の温室などを見て回り、芝生でホッコリお弁当食べて、西日が射してきたら紅葉見に行ってください。


もしかしたら思い出に残るような経験出来るかもです♪


今年の紅葉、やっと色づき始めましたね。

今年は見に行けるかなぁ・・・








ランキング参加中!1日1クリックしていただけると元気いっぱいになります♪
食べログ グルメブログランキング

6 Comments

ゆっきー♂☆ says..."Re: 大阪の桐たんす職人 さん"
京都植物園に何度か行くと、ベストに歩く順序ってのがわかってくるんです。

朝はそのとき咲いてる花を見て回り、芝生で昼食。

午後は太陽強いと写真が撮れないので、温室や森を歩いて、陽が傾き出したら池辺りを歩くと、どこもベストな状態で見れますよ♪

今度行くことあったらぜひ試してくださいね^^
2011.11.27 17:08 | URL | #- [edit]
ゆっきー♂☆ says..."Re: JUNさん"
京都植物園面白いですよ^^

年1~2回行くのですが、日本最大級の温室もあるし、日本庭園にバラ園にイングリッシュガーデンに、川に池に見所満載です。

よく見かけるのは池の1箇所に人だかりが。

近づくとみんな三脚立てて1方方向に。

なんでもココは珍しい野鳥など沢山いるらしいです。

JUNさんもきっと、かなり遊べますよ^^
2011.11.27 16:55 | URL | #- [edit]
大阪の桐たんす職人 says..."こんばんはー"
植物園は秋に行ったことあります!
期待してた以上にきれいで、やっぱり大満足したことを覚えてます。
池に映るのが、ほんまに!いいかんじですよね^0^

たしかその時は、まだアナログのカメラだったような・・・^^;

光がいい具合に当たってる時の写真ですね~、きれい!
2011.11.26 23:46 | URL | #- [edit]
JUNxxx says..."こんばんは☆"
京都植物園、まだ行ったことないんですよ^^;
いつもの"いつでも行けるから"という理由で(汗)
お写真が綺麗なせいかもしれませんが、結構いい感じのようですね☆
2011.11.26 23:21 | URL | #- [edit]
ゆっきー♂☆ says..."Re: さくらさん"
ここはホント広いんです。

のんびり歩くと1日では回れません。

ブログのような和風庭園もあれば、ゴシック系のバラ園やイングリッシュガーデンもあって見どころ満載で楽しいです^^
2011.11.26 20:16 | URL | #- [edit]
さくら says..."No title"
わぁ~綺麗な銀杏の絨毯ですね^^

紅葉も綺麗だし水車や小さな橋があっていい雰囲気ですね(*^-^*)

近かったら絶対行って見たいですけど距離的にかなり無理があります;;

いつもゆっきーさんのブログ見ていった気分に浸っていますww

ありがと~♪
2011.11.26 18:38 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://1210yukky.blog.fc2.com/tb.php/231-a0c4282e
該当の記事は見つかりませんでした。